biglobe wimax キャッシュバック

BIGLOBEのwimaxのキャッシュバックを受け取りたい方へのサイト

WiMAXっていいですよね。

カフェに入って、ちょっとネットサーフィンしたいなーって思ったときどうしてますか?

 

最近はカフェでもフリーwi-fiがあるカフェも多いですが、
日本のカフェはまだまだそういう環境が整ってませんよね。

 

その場合は、データ通信端末というものを持つとインターネットをつなぐことができます。

 

このデータ通信端末というのは、携帯電話の電波などを使ってインターネットができるようになる端末のことをいいます。

 

最近では、端末代金は0円で、契約してくれた方にキャッシュバックをプレゼントということをやっているところも
多いです。

 

そうすれば、カフェの中でも使えるし、
友達の家や彼氏の家なんかでもインターネットが使える様になりますよ。
また、スマホの電波状況が悪くて、回線が遅いなーなんて感じたときは、
データ通信端末を使う事で、回線スピードがアップすることもあります。

 

最近では、データ通信端末WiMAXを使っている方も多いです。

 

ぜひ一度使ってみることもいいでしょう。

WiMAXのキャッシュバックキャンペーン

BIGLOBE WiMAXキャンペーン

WiMAX2+の方はこちら!

2013年10月に新サービスとして、出てきたWiMAX2+はこちらになります。
ただし、これはキャッシュバックキャンペーンではなく、

 

月額料金が4000円以上のところ、3801円と、従来のWiMAXと同じ料金で使うことができます。

 

注意点としては、キャッシュバックキャンペーンがないこと、契約期間が1年から2年になっていること。
また、WiMAX回線は大丈夫ですが、
LTE回線とWiMAX2+回線の通信制限があります。

 

通信制限の上限は他の元を同じ、7GB/月になりますので注意してください。

 

エリアは2013年末までにかなりひろがるといわれているので、期待ですね。
もし制限がいやだなと思う場合は、都内意外で使うときは従来のWiMAX回線を使うように切り替えを行えば問題ないでしょう。

 

ハイスピードということで、更に快適なインターネットライフが過ごせそうですね。

 

WiMAX2+キャンペーン

BIGLOBE WiMAX2+キャンペーン

超高速モバイルルーターWi-Fi WALKER HWD14

 

WiMAXのモバイルルーターはワンランク上の超速モバイルルーターです。

 

・ライフスタイルにあわせて選べる3つのモード
・カラータッチパネル操作で簡単・便利
・約5秒でクイック起動
・スマホ給電

 

3つの高速通信対応

下り最大40Mbpsの速度制限がないWiMAX
超速110MbpsのWiMAX2+
つながりやすい800MHzのau 4G LTE

 

上記の3モードの切り替えをする事ができるので、
必要に応じて使い分ける事ができます。
LTEは800MHzなので、地下などWiMAXの電波が入りづらいところで切り替えることで、
快適な通信を行う事ができます。

満足度が高いのはWiMAX!

満足度の高いプロバイダーに目を向けながら、それぞれの提供内容と特色・キャンペーンデータ等について、ユーザーのタイプごとで比較しているからとっても選びやすいんです。必ず費用面でも納得の賢い自分に適している失敗しないプロバイダーを選んでいただくことが可能です。
インターネットプロバイダーを利用する費用というのはそれぞれインターネットプロバイダー毎に大きく差があるので、支払費用に注目したり受けることができるサービスを最も大切に考えるなどのユーザーの希望があって、利用しているインターネットプロバイダーを新しいプロバイダーに変更するのはわざわざ取り上げられるほどのことではないのです。
元からサービスが提供可能な建物であれば高速通信で人気のフレッツ光が申し込んでから利用までの期間は、早いケースで半月〜1ヵ月くらいの日数で全ての工事を終了させて、ついにネットを利用していただけるというスケジュールです。
最近話題のauひかりというのはKDDIの回線を使った光インターネットでの接続サービスです。最も普及しているNTT関係の回線と比較するとずっと速い速度で通信できることがとても大きなアドバンテージです。最も一般的になっているNTT関係の回線は200Mbpsが上限速度だが、auひかりは5倍の最速なら1Gbps。
まさかネットをスタートさせるときに利用するインターネットプロバイダーを選んで、変えていないとなってはいることはないでしょうか?タイミングよくインターネットプロバイダーを変更をすれば、想像を超えたとっても大きな「メリット」をもたらすことになるはずです。

WiMAX2+ニュース

WiMAX 2+の発表会で、
UQ野坂社長は、下記のようにポイントを5つあげています。

 

1・当初は下り最大110Mbps、2014年に最大220Mbpsに高速化。最終的に1Gbps超(2017年目標)の速度を実現する計画
2・既存WiMAXサービスと互換性を維持(2+ユーザーは両方のサービスを利用可能)
3・周波数利用効率を拡大し、ネットワークキャパシティを向上
4・TD-LTE方式との互換性を確保したサービスのためエコシステムの構築も比較的容易。端末や設備などを低価格に調達可能
5・高速移動中も利用可能とする性能(現サービスは時速120キロほど→時速350キロでも通信可能に)

 

これから更に進化していくWiMAXから目が離せませんね☆

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ